クレジット機能付きvisaデビットカードのメリット・デメリットは?

クレジット機能付きvisaデビットカードとは、支払い時に銀行口座からすぐに利用金額が引き落とされます。そのため自分の銀行口座に入っている金額以上は利用できない仕組みになっています。使いすぎたために払えないといったクレジット破産に陥ることはありません。カード会社にとっても後で支払ってもらえないということはないので、誰でも審査無しで発行してくれるのです。

通常のクレジットカードは18歳以上でなければ発行できませんが、クレジット機能付きvisaデビットカードは安全性が高いので15歳以上なら発行できます。通常のクレジットカードの利用は少なからず怖いと感じる人もいます。そのような人はできるだけ現金で支払いとしたいと考えているはずです。visaデビットカードは出金するためにATMに行く必要がないので手数料を大幅に節約できます。また利用明細が記録されていますので、自分がどれだけ使ったかが一目瞭然です。従って家計簿をつける時にも利用明細を見るだけなのでお金の管理がしやすくなります。

そんなクレジット機能付きvisaデビットカードにもデメリットはあります。それは特定の銀行に囲いこまれることや、ポイント還元率の低さなどです。visaデビットカードのポイント還元率は微々たるものなので、かなりの回数を利用しないと貯まっていきません。あくまでも「おまけ」として考えておく方が良いでしょう。中には年会費が必要な場合もあるので注意しましょう。